春祭り

皆様こんにちは、短く長く思える山陰の冬・・・ミニ氷河期とも言われた今年の冬(-”-)

本当に寒く、日々雪かきと凍える寒さの葛藤でしたね。

その寒さが和らぐものの、まだ、朝晩の冷え込みも残る(-”-)

でも、ようやく春の訪れ、田んぼの畦道に(ふきのとう)や(つくし)春の訪れを知らせてくれている。

まだ我が家の庭先の桃の花はやっとピンク色の蕾を膨らませかけ、花開く日が楽しみ

さて、昨日はエイプリ-ルフ-ルに実家のお祭りでした。

エ-プリ-ルフ-ル( ^)o(^ )娘が、お父さん耳の後ろにイボ出来て毛が生えてるやん~

真剣な顔で、(ぶっ嘘)これに私と下の娘が賛同して、写メって見せて、何もないがなぁ~で

種明かし(今日は???・エ-プリ-ルフ-ルやんか~)に悔しそう( ^)o(^ )

 

お祭りは作物の豊作・五穀豊穣を願って、第代引き継がれる(麒麟獅子舞)が一軒・一軒回って

獅子舞をされています。

 

 

 

 

今では、少子高齢化に伴い、今では中学生から年配まで様々ですが、寒い中獅子舞をされました。

実家では、獅子舞終了ごの振る舞いは、何故か(アイスクリ-ム)寒くてもこれが人気なのです。

家では、孫7人(実際は9人です)上は20歳~0歳賑やかでほのぼの、獅子舞も真剣にみいって

最後に、ありがたい獅子に噛んでもらい、健康と頭が良くなるようにねがって・・・

泣く子もいれば、笑う子も・・・

大きくなったとき、あの時おじいちゃん・おばあちゃんちでこんな事あったなぁ~と思いだしてほしい

現代っ子達には、今や情報社会(家でTVゲ-ムやらPC・携帯など)・・昔の伝統より現代の情報の方が吸収されやすくなって、良い面も悪い面もある。

すべたが悪いとは言えないが、出来るなら、こんな風習も経験させ成長してほしい。

また、4月新たな年度のスタ-ト・・・それぞれが希望に満ちた1年にしてほしいです。

私もがんばろ~