処暑

さあさあ、今夜もおいしい時間ですよ。

こんばんは、みなさまの食卓においしさを提供します、K.Yです。

「自然をおいしく、楽しく、カゴメ」にのかって、「ブログをおいしく、楽しく、Kリタ」ってのどうですか?

いや、そろそろ、キャッチコピーでも作ろうかなって、、、、

え?センスのなさ!?NASA!?ちょっと発射してくる!!!

 

あ、ふざけるのは辞めますね。

 

それにしても、今日は特別ですね。

3回もブログが更新されるなんて。

1日に3回もブログが更新されるなんてレアですよ、レア!

え!?僕はウェル(お肉をよく焼いた状態)がいいだって?そんなの残暑の微熱で焼きたまえ!

 

あ、そろそろ退場がかかりそうなので、ふざけるのは辞めますね。

 

さて、さきほど残暑にふれましたが、今日はその残暑が感じられないほど涼しかったです。

私としては、もうこのペースで涼しくなっていただければ、安堵するんですけどね。

 

そうそう、8月23日ごろは二十四節気の処暑にあたります。

「処」という感じは人が几(肘かけ)に休んでいるところを表しているので、

処暑は暑さが休まるという意味だそうです。

立秋やお盆が過ぎ、朝夕涼しくなる頃です。

このころの暑さを残暑と言いますが、ほかにも言い方があるのを知っていますか?

餞別の餞に暑いとかいて、「餞暑」といいます。

去りゆく夏が別れの印に残していった暑さということです。

あまりありがたくはありませんが、こういう言い回しをするといくらか風情を感じますね。

 

まだまだ暑い日が続きますが、季節は着実に秋に向かっています。

季節を感じ、自分の生活に季節を取り入れて、毎日を楽しみたいものです。

 

では、最後に、この季節の俳句でも紹介して、お別れしましょう。

それでは、また。

 

桐一葉 又一葉又 桐一葉

長谷川櫂

 

※桐一葉: 桐は秋の気配を察知すると、いち早く葉を落とし始める。これを桐一葉という。

 

K.Y

 

参考:日本人の暦/長谷川櫂

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>